走査プローブ型顕微鏡
走査プローブ型顕微鏡

最初に開発されたのが、1982年の走査型トンネル顕微鏡(STM)です。当時、原子の姿が捉えられたと一般紙にも記事が載り、写真が掲載されました。それは、コンピュータグラフィックスで、いわば、3次元グラフです。卵のケースを裏 […]

続きを読む