ラマン顕微鏡の用途

ラマン顕微鏡は見ている物質の種類を特定することができるため、その特徴を生かした利用法が進んでいます。

ラマン顕微鏡の主な用途:

  • 不審物の特定:
    アメリカでは、持ち運びできる装置が現場で活躍しています。不審物質の特定がその場で行われ、被害を最小限におさえる努力が行われています。
    また、麻薬などでは生産場所の特定などにも使われています。
  • 新薬開発:
    新薬開発では、効果のある物質の特定、偽物の発見や品質管理、生産管理などにも使われています。
  • 高分子化合物の特定:
    プラスチックなどを融けた状態や押し出し加工でも配合の特定を行う事が可能です。
  • 生物の構造特定:
    生物の形は画像で、また、その構成物質も同時に分かるため、生物学の発展に寄与しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA