共焦点顕微鏡は、光、とくにレーザーを使う事が多い光学顕微鏡の一種ですが、肉眼で見ることが少ないタイプです

共焦点顕微鏡
共焦点顕微鏡の見え方

実際に共焦点顕微鏡を使った事がない場合は、なかなかどんな像が見えるのか想像がつきにくいのが共焦点顕微鏡です。 下は、ピラミッド型のサンプルがどのように見えるか示した模式図です。 左は、通常の見え方です。照明はサンプル全体 […]

続きを読む
走査
ディスクスキャン

ニポウ ( Nipkow ) 氏は、多点を同時に観測する事で、走査の速度を補う事を思いつきました。1kHzの走査速度で20点同時に測定すれば、20kHzを1点で観測すること同じ事です。ニポウ氏は、無数に穴をあけた円盤(デ […]

続きを読む
走査
音響光学素子

レーザーテック社は横方向の走査速度を動画レベルに引き上げる為、音響光学素子のAOD(Acousto-Optic Deflector, AOMとも呼ばれる)を用いた共焦点レーザー顕微鏡を開発しました。音響光学素子は結晶を圧 […]

続きを読む
走査
ガルバノメータ
ガルバノミラー

共焦点顕微鏡では、ステージスキャンより、走査を速くする為に2組のガルバノミラーが使われました。光学部品も含めた全体を、ガルバノスキャナーと呼ぶこともあります。これも、ステージスキャン同様、電磁石を使った仕組みで、一方向に […]

続きを読む
走査
VCMによるスキャン
ステージスキャン

初期の共焦点顕微鏡では、試料を走査していたので、インクジェットプリンタに似ています。ただし、試料をXY方向に動かし、光学系は固定してあったので、プリンタで左右方向にも紙を動かし、印字ヘッドの位置は固定というイメージになり […]

続きを読む