ラマン顕微鏡

ラマン顕微鏡で使われているラマン効果は、物質を光で照射すると、その物質の状態(分子の運動状態)により、照らした波長とは違う波長の光がでてくる現象です。蛍光顕微鏡の場合は、蛍光染料で染めた試料を使用しますが、ラマン効果は染色を必要としません。また、放射する光を詳しく解析する事によって、その物質を特定することもできます。ここまでで蛍光共焦点顕微鏡と同じ方式である事が推測できるとおもいますが、ラマン顕微鏡では、共焦点顕微鏡のピンホールの代わりに、波長の分布を解析する分光器が取り付けられています。

ラマン効果で物質が発する光は非常に微弱で、強力なレーザーで照明ができるようになるまで、実現しませんでした。他にも、いくつかの課題があり、まとめると、ラマン顕微鏡が実現する為には、以下に上げるような技術躍進が必要でした。

  • レーザの発明
  • 光学顕微鏡との融合(レーザー走査)
  • CCDディテクターによる分光器
  • 余分な光を除去するフィルターの発展